中身も磨かれてこその大人の女性 中身も外見も磨いて綺麗な大人の女性を目指しましょう

20代を終えた途端食べたら食べただけ出るように

若い時分は少々食べ過ぎても太りづらかったのですが、20代を終えた途端食べたら食べただけ外見に影響するようになってしまいまいた。

しかしおやつ系はどうしても食べ続けたい私・・・。

 

そんな訳で無理に控えず、それでいて太らないように、チョコやクッキーは1日に一つの物を正午までに食べるというルールを作りました。

摂取カロリーではなく、「品数」で考えています。

 

したがって、0kcalゼリーでも高カロリーのバウムクーヘンでも、1品は1品なのです。

チョコスナックみたいなのだったら一袋も食べていい範囲にしています。

ですが大量パックなどは許容範囲を超えるので、半分とか、1/4などそれなりの量で止めています。

 

午前の間に楽しんでいるので、おやつへの欲求も満たされて精神的にもいいですし、カロリー縛りではないので計算も不要で、気軽に好きな物を選べます。

更には、運動など意識的に行わなくても、日常の動きでキチンとカロリーを使っていけるので、体重増加にストップをかけることができました。

また午後に甘いものが食べたくなったら、甘みのある甜茶などでごまかして、乗り切っています。

 

美容に悪いことはやらない主義。

特に意味もなくダイエットをするのは考えられません。

無意味なダイエットはどんな理由があろうともやるつもりはありません。

 

これはわたしがかつて過剰なダイエットをしたことを繰り返さないためなのです。

まだ若かった頃、ぽっちゃりとしていたわけでもなくどっちかといえば細い体つきだったのに「もっと細くなりたい!もっともっと綺麗になりたい」とダイエットに励みました。

 

きれいになりたいという気持ちが強くなったのは気になる男性ができたから。

生まれてはじめて気になる男性ができたのにまったく相手にもされず、そんなわけで綺麗になりたいという思いが強くなりました。

 

数年してすごく好きな人があらわれて「今回は必ず相思相愛の仲になりたい!」と思って痩せることにしました。

減量しなくてもいいというのはわかってはいたのですがまた失恋するのが怖かったと思います。

綺麗になれたら嫌な目にあうこともないだろうとダイエットに取り組みましたが痩せこけて倒れました。

 

今は減量するのではなく体を動かして健康的にキレイを目指しています。

 

美容の事に関して私がしていることは、紫外線対策と潤いです。

紫外線の対策は日常的に、ショッピングなど外出時にはUVカット率の高い日傘でカバーしています。

1年を通して、部屋の中でも、UVカットのBBクリームやファンデーションを使用しています。

 

あと美容液には、シミとかソバカスを防ぐ対策として美白成分が入った美容液を使っています。

夏場は脂っぽくなるので、スキンケアでは油分の少ないものを使用していますが、乾燥が気になる季節は保湿にも気を使うようにしています。

抗酸化作用や保湿効果の高い肌に良い成分の入っている美肌クリーム、保湿効果のあるセラミドが配合された美容液などで美肌ケアをしています。

 

スキンケアとともにメイク用品も、肌の刺激になりそうな石油系の成分不使用のものをセレクトしています。

カルボマーなど、ケミカルな成分を含まない化粧品なら、植物成分100%の優しく洗える石鹸で化粧を落とすことが出来るので、お肌のうるおいを必要以上に失う事もなく、しっかりと保湿されます。

Comments are closed.

Post Navigation