中身も磨かれてこその大人の女性 中身も外見も磨いて綺麗な大人の女性を目指しましょう

脚を上げ下げするという簡単な運動を繰り返し

美容にもなるし、健康のためでもあるのですが、脹脛を鍛えるようにしているのです。

でも特別なトレーニングなどを行っているのではなく、脚を肩幅くらいに開いてたって、脚を上げ下げするという簡単な運動を繰り返し行っているのですが、これをちゃんとやれば筋肉痛になるほどふくらはぎに負荷を与えます。

 

若い頃から、脚は細い方がいいと思い、調べてみた結果このトレーニングを発見したのですが、この運動を真剣に行うと脚が細くなりつつ、そんなに疲れを感じなくなったのです。

 

以前はいくら疲れにくい靴を履いても、一日が終わるころには脹脛が重くて仕方なかったのですが、これをやるようになったら良くなっていったのです。

今はテレビの番組を見ている時や、雑誌を読んでいる時に、この運動をついでにやってふくらはぎの筋力を上げています。

トレーニングは、毎日コンスタントにやっています。

 

2~3日間を空けてしまうと、、次回やったときにふくらはぎがパンパンになったり、筋肉痛も起こしてしまう為、毎日行うように心がけています。

細い脚になりたい方は、スグに効き目が現れるので是非やってみて下さいね。

 

年齢を重ねてもきれいな手でいられるようにスキンケアクリームを就寝前に塗るようにしています。

 

夜寝る前にハンドクリームを付けているだけで手肌のツヤが損なわれていないように感じます。

薬用ハンドクリームは近頃種類がいっぱいあって色々な香りのものがあります。

花の香り、フルーツの香り、線香の香り・・・。

 

わたくしはお香の香りが好きで中でもビャクダンの香りが好みです。

ビャクダンの香りの手肌用のクリームは数少ないですが、いろんな香りが混ざっている中に白檀が入っているものも好きです。

寝るときにハンドクリームを塗るとお肌の熱で温められて良い香りが漂います。

 

サンダルウッドの匂いを嗅ぐといつの間にか寝入っているのです。

寝ているときならクリームが剥がれ落ちなくて良いです。

夜寝るまではよく水仕事をするのでクリームをつけたとしても何の役にも立ちません。

 

寝る直前に薬用ハンドクリームを塗り木綿の手ぶくろをして寝ると手肌がしっとり・・・うっとりするほどキレイになります。

手は他人から見られやすい場所。

潤いを保っていた方が良いと思います。

 

柔軟体操はきれいになるためには外せない体操です。

ストレッチングは年齢を問わずやれる簡単な運動なので、年配者だってやれちゃうし子供でも出来ます。

ただし、凝り固まっている部分や縮こまっている筋なんかを引っ張ることになるので痛かったりします。

 

「ストレッチ=痛い」という事でストレッチを苦手とする人が結構いますが私は「ちょっと待った!」と言いたいです。

少し痛いくらいなら頑張った方が血流も良くなりますし、それこそ強烈な痛さがあるまでストレッチ体操をやったらダメなんです。

痛くて顔が真っ赤になってしまうような無理なストレッチ体操は逆効果になるだけで本当の「ストレッチ」ではないんです。

ストレッチの正しいやり方を知っていれば萎縮していた筋なども少しずつ緩和されて柔軟性が高まってきます。

 

知識なくやると痛みを伴いますが何となく気持ちが良いと感じるあたりまでにしておくといいですよ。

このストレッチ法であれば年齢を問わず皆さん出来ますね。

ちゃんとしたストレッチ体操をするだけできれいになれます。

Comments are closed.

Post Navigation