中身も磨かれてこその大人の女性 中身も外見も磨いて綺麗な大人の女性を目指しましょう

Category Archives: 健康

毎朝ウォーキングを実行しています

私は元々運動があまり得意なほうではないのですが、大人になるとよっぽど意識していないとまったく体を動かさないままに一日が過ぎるということが以前はよくありました。
それどころか丸一日、一歩も外へ出ないなんてこともあったくらいです。

 

そしてこれではどんどん体がなまってきて、もっと年齢を重ねたときに筋力が衰えてくるのではないかと自身の生活を反省し、最近は早起きしてウォーキングをするようになりました。

 

自宅から片道三十分ほどのところに運動のできる公園があるため、そこを目指して毎朝歩くようにしているのです。

そして公園に着いたら背筋やアキレス腱を伸ばすストレッチをして、普通に生活しているだけでは使わない筋肉をストレッチで使うようにしています。

 

この公園への往復が合計一時間ほどになるので、これを毎朝続けることで多少は健康のためになっているのではないかと思います。

さらにこの習慣だけはこの先もずっと続けていきたいと思っています。

 

体を温める食べ方と入浴

まず、野菜を出来るだけ食べるようにすることです。

サラダだと見た目の量が多いので、火を入れてスープなどにして食べます。

 

ジャガイモと玉ねぎ、カボチャと玉ねぎなどをブイヨンと一緒に圧力鍋で柔らかくして、ミキサーにかけて濾し、そのまま冷ましておきます。

飲むときに、豆乳を加えて塩加減を調節したら子供も大好きなスープの出来上がりです。

これから寒くなってくるので、温めなおして飲むのもよさそうですね。

 

旬の野菜をとっていると、自然に体調が良くなるのですが、これからの季節は、根っこの野菜を中心にしていきます。

熱を加えることで体を温める作用もあるので、特に女性にとって冷えは大敵ですから、気をつけるようにしています。

 

あとは、ゆっくり温かい湯船に浸かるということです。シャワーだけでは、身体が十分に温まらないし、湯気が美容にもいいと聞いて、一石二鳥なので必ず浸かるようにしています。

肌の調子がいいと、心の健康も保てますからね。

 

脳みそも疲れさせないようにしています

最近、ストレスから整形外科と眼科と病院のハシゴをしてしまいました。

足裏の筋肉が炎症を起こしたことと、まぶたの筋肉の痙攣がおさまらないことが受診した理由ですが、どちらも筋肉疲労、ストレスが原因です。

対人関係のこと、自分自身の資格試験のこと、仕事のことととにかく処理しなくてはいけないことが多くて常に頭の中は考え事でいっぱいでした。

 

若い時はいくら詰め込み勉強をしても少々仕事で無理をしても寝れば治るというかそんなに疲れを感じることはありませんでしたが、今回のことをきっかけに自分がアラフォー、中年なんだと自覚しました。

 

体力もあるので元気です。

少々の無理もききます。

ですが、一旦体を壊したら回復力が落ちている。

そういうことなんだなと理解しました。

 

結局、シップと目薬で炎症を抑え、睡眠をよくとり資格試験を終えて、仕事も無理ないペースに落としたことにより何とか復活できました。

脳みそもパソコンと一緒であまり無理をすると発熱します。

ですから、ついつい予定を詰め込みすぎる癖を反省して、少し物足りないくらいの予定で物事は進めるように心がけることにしました。

真面目な性格の人ほど「のんびりする、考えない時間をあえて作る」というのが心身の健康のため必要なのではないかと思いました。

 

健康のために毎日お酢をとっています

お酢が身体にいいということで、毎日少量ずつでも必ず摂るようにしています。

野菜ジュースに混ぜたり、炭酸水で割ったり、いろいろな飲み方で、飲み物として摂ることが多いですね。

お料理で使うこともありますが、バリエーションが少なくてなかなか毎日摂るのは難しいです。

 

今は市販の果実酢もいろんな種類がありますが、私は梅を自分で酢に漬けて、果実酢を作ってもいます。

砂糖を入れて作るので、普通の穀物酢よりは甘くて飲みやすくなります。お水や炭酸水で割るとジュースのようになって飲みやすいですし、牛乳に混ぜると分離してとろみがついて、ヨーグルトドリンクのような味になります。

牛乳で割ればカルシウムの補給にもなっていいですよね。

 

特に朝、お酢ドリンクを飲むことが多いのですが、目覚めがシャキッとするような感覚があります。

自然の酸っぱさが身体にいい刺激を与えているのかもしれませんね。酸っぱいものは苦手、という人にもマイルドな甘さのある果実酢はおすすめできると思います。

 

健康のために気を付けている3つのこと

バランスの良い食事、睡眠時間を十分確保すること、出来る限りリラックスする、この3つを心がけるようにしています。

私が思う健康に良い食事は基本的に野菜中心です。お肉も魚もバランスよく摂取するために、お肉の日と魚の日をつくってローテーションしています。

 

お肉は、鶏肉、豚肉を取り入れています。魚は鮭、さば、さんま、かつおです。

1週間のうち大体このような魚とお肉を食べています。

豚肉は、睡眠不足で足りなくなってしまうビタミンB1を含んでいて、貧血になるのを防いでくれます。そして、疲労回復にもいいです。

料理レパートリーも幅広いので、豚肉は使えます。

 

睡眠時間はしっかりと確保しないと私の場合は、目が疲れて食欲不振になります。すると、必要な栄養素を摂れなくなるので夜12時前には寝ています。

12時過ぎに寝たときもありますが、比べると翌朝の疲れの取れ方が全然違います。やっぱり12時前に寝るのが効果的です。

 

リラックスは様々なシーンで気を付けています。食後の1杯のお茶でリラックス、ベッドの中でクラシック音楽を聴く、お風呂でボーッとするです。

緊張を緩めることで体調が整います。

 

40代の更年期症状を乗り切る

40代半ばあたりから、体調のすぐれない日が多くなって、周囲との温度差を感じ始めました。

まさにホットフラッシュを経験したのもこの頃。

ホルモンバランスの乱れを実感しました。

 

それでも仕事には行かなくてはならないので、いろいろな努力をしました。

夜の睡眠はしっかりとることを心がけ、早朝に入浴したり、気分転換にウォーキングを始めたりと、日々試みながら過ごしています。

 

朝は早起きをして、熱めのお風呂に入り、スクラブでマッサージ。

甘い香りに癒され、仕事モードへの切り替わりがスムーズに。

香りを楽しみながら、入浴の時間を至福の時にしています。

 

また、ホルモンバランスが崩れるとコレステロール値が上がるので、食物繊維が大切。

ランチの弁当や外食では不足しがちな野菜は、手作りサラダ持参で乗り切ります。

もし、どうしても朝が忙しいという人には酵素ドリンクがおすすめ。

酵素を手軽に補給できるので私も飲み続けています。